レンタルスペースでやって良いこと・悪いこと

レンタルスペースの多岐に渡るさまざまな用途と注意点をわかりやすく解説

さまざまな使い道

個人経営のレンタルスペース

個人が経営しているレンタルスペースは、個人が所有する自宅の一部だったり、住んでいない古民家を工夫して綺麗でおしゃれにリノベーションしたスペースをレンタルしています。会社はレンタルしているものとの大きな違いは、やはり醸し出す雰囲気ではないでしょうか。無機質な雰囲気の空間ではなく、アットホームな温かい雰囲気を感じることが可能です。パーティーやイベントなどの利用の場合は、ホームパーティーのような親しみやすいイメージで開催したい場合には最適なのではないでしょうか。

ただし、個人経営で個人の自宅や古民家を利用していますので、設備面では会社経営のレンタルスペースよりはやや劣ってしまうことが多いので、レンタルする前にしっかりと確認するようにそたほうが良いと思います。

会社運営のレンタルスペース

個人経営のレンタルスペースが自宅などを使ってアットホームな雰囲気である一方、会社運営のレンタルスペースはビルやオフィスの中の一室や、最初からレンタルスペースとして貸し出す専用に作られた空間となります。個人経営のものと同様にパーティーやイベントなどに利用することもできますが、会議室として使うなど仕事での利用にも大いに役立っているようです。

設備の面ではしっかりとしているところが多く、大人数でも収容可能な広さや利用しやすい環境が整っていて安全面や使いやすさを優先したい方にはおすすめです。ただし、設備が整っていてしっかりとしているので、料金も個人経営のものよりは少し高めに設定されていることがほとんどですので、予算内で収まるかどうかの確認は怠らないようにしましょう。


▲先頭へ戻る